MENU

カテゴリー別アーカイブ: コーティング

顕微鏡診断

お客様の車両状態や付着物を確認するためボディーチェックや顕微鏡診断は欠かせません

 

線キズ

水シミ

鉄粉

花粉

ペンキ

樹脂パーツに付着したペンキ

顕微鏡で拡大してみると

他にも樹液や黄砂、コンクリートなどもあり確認したうえで除去施工していきます。

付着物を長く放置してしまうと除去しにくくなり、塗装のダメージもひどくなる場合もありますので早めの洗車をお勧めし

除去できず心配のお客様は、お気軽にザップスにご相談ください。

ホイールコーティング

長年乗っている車両でボディは洗えてもホイールは細かい所まで洗いにくいですよね?

隙間などにブレーキダストが付着していきそのまま放置続けると汚れが簡単に落ちなくなっていきます。

このような状態になってしまうと中々スポンジやブラシを使用しても落ちにくくなります。

特殊な液剤でホイール内側まで汚れを落としていきましょう。

ホイール内側はもちろんナット周りの細かい部分まで洗浄除去致しました。

その後スプレーガンでコート剤を塗布 光沢も復活し今後のお手入れもカンタンになります。

ホイールコーティング料金表

新車時に施工するのがおススメです。 お気軽にお問い合わせください。

スーパーコーティング

こんにちは牧港店フルゲンです^_^

今回は水垢、細傷が多い車輌のコーティング施工です

解りやすいように半分だけ研磨しました。

ボディの艶引き、細傷が気になるお客様見積もり無料気軽にご相談ください^_^

シミが…

初回コーティングのマツダ CX-5が入庫しました。

 

 

ボディの状態はカラーがブラックで全体的にキズ、シミありで良くありません😢

 

 

磨き後👆

黒はここまで変わるので磨いてて楽しいです✨

 

 

全体を磨いて仕上げました👆

 

お客様も仕上がりにビックリされてました👀

 

仕上がりは状態によりますのでまずはお見積りを!

豊里

 

2016年式

トヨタ アリオンのコーティングが入庫しました。

初回コーティングは施工してたのですがメンテナンスの更新を忘れてたようで…

今回、再施工で入庫です✊

 

 

施工前👆の状態です。全体的に白っぽくなってますね👀

 

アップ画像👆

 

 

磨き後👆左右での違いが凄い✨

 

 

アップ画像👆

 

その後、コーティング剤を塗りこんで仕上げました。

ここまで復活します。

 

状態によりますので、まずはお見積りから

豊里

樹脂モールコート

皆様こんにちは!

北那覇店の與那嶺です。

ここ数年でご依頼が多くなっている商品、樹脂モールコートのご紹介です♪

今回施工した車両は新車登録から10年経過しているホンダのヴェゼル!!

今までコーティングをした事がないという車両で、経年劣化により樹脂パーツの白化が目立っている状態でした。(>_<)

まずは施工前↓↓↓

ここまで白くなっていると、新品へのコーティングに比べ少し艶の戻り具合や耐久性は落ちますが、入念に樹脂パーツのクリーニングを行いコーティング剤を塗布致しました!!

施工後↓↓↓

かなり劣化しておりましたが、なんとかここまで黒さを復活させる事ができました(^_^)

黒いところがしっかり黒いと見た目も引き締まって見えるので、スタッフおすすめの商品でございます(^o^)

樹脂パーツの白化でお困りでしたら、是非お問合せくださいませ♪

見積り、相談は無料です(^_-)

樹液除去

こんにちは、北那覇店のアラカキです(^O^)

今回は樹液除去の紹介です。

木の下に止めていたらこんな状態になっていた!!と、ビックリされて相談を受けました。

原因はアカギの葉などから樹液を吸うヨコバイと言う虫の排泄物です。

夏の暑い時期に大量発生する虫で、車に付着して時間が経つと洗車では除去できなくなってしまいます(>_<)

ザップスではこういった付着物も除去する事ができます!

作業内容としては、専用のセラミック粘土を使い、一粒ずつ丁寧に除去していきます。

時間はかかりましたが、除去が終わるとポリッシャーを使って磨きを行いキレイに仕上げる事ができ、お客様にも喜んで頂けました(^O^)

これからの季節、同じような被害も増えてくるかと思います。

状態によっては完全に除去できない場合もございますが、見積り相談は無料ですので気になる方は気軽にご相談下さい(^O^)

エンジンルームクリーニング

こんにちは、牧港店の又吉です。

今回は私の大好きな作業、エンジンルームクリーニングをご紹介します。

早速作業前の車両をお見せします。

ホコリが全体的に付着しており、茶色っぽくなっています。

幸いハイブリッドシステムのないクルマなので、防水箇所の嵌めあい等しっかり確認したのち丸洗いで処理していきます。

プラスチックパーツや配線を傷めない中性洗剤とブラシでゴシゴシしていきます。

この作業はハイブリッド車はできない場合があります。その場合は高温のスチーマー等で安全に油汚れを落とします。

気が済むまでゴシゴシしたら流します。

 

この後車両起動前に完全乾燥してからトップコートも塗り込みます。

仕上がりがコチラ✨

 

ピカピカになりました。

エンジンルームクリーニングもぜひZAPSにて!!

ご相談お待ちしております。

 

 

キズ磨き

こんにちは、牧港店の又吉です。

今回は皆さんからお問い合わせやご依頼の多い「キズ磨き」についてご紹介します。

簡単なように見えて奥が深い磨きですが、特に濃色車の傷は仕上がりも様々です。

ZAPSではできる限り傷を目立たなくできるよう、様々なアプローチで対処していきます。

 

今回の傷はこちら。画像に示したように上半分だけ磨き処理を行っております。

ほとんどの傷は塗装に対してV字に入ってしまいます。塗装はウレタン樹脂素材なので、プラスチックと同じように削れると白く変色したように見えます。

また、鋭いV字傷の中で光が乱反射することによって光って見えるため、濃色車では余計に悪目立ちしてしまいます。

 

最近の車では塗装の膜厚が100ミクロン以下であることが多く、平均で10ミクロン程度の深さの擦り傷(爪が引っかかるくらいの傷)を磨き落とすのは危険です。

塗装を削り込むのは寿命を削ってしまうことに直結してしまうからです。

 

ZAPSでは、通常メンテナンスで行う磨きは「塑性研磨」という磨き方で行います。熱を入れて塗装を柔らかくし、膜厚を削ることなく傷をなだらかにします。

この磨き方で処理したのが先ほどの写真です。

傷を「落とす」のではなく、「目立たなくする」ことで、車を傷めず見た目を整えていきます。

 

どうしても増えてしまう愛車の傷、是非ZAPSでご相談ください。

ガラス撥水コート360 ワイパー不要 

最近の天気は降ったりやんだりで、予想がつかないくらい大雨になったりしますね。

大雨では運転中、水シミが多いとワイパーを使用しても視界が見えずらくなりヒヤヒヤしたこともあります。

特に夜では街灯の光があたると水シミの影響で視界が悪くなるため運転に注意が必要です。

運転に支障を及ぼせない為にもガラス撥水コートをおススメ致します。

油膜落しや水シミ落とし(状態によって別途料金)を除去したあとに撥水コートを施工致します。

コーティングまたはメンテナンスとセットで50%OFFなのでお勧めです!

走行中小雨ではありましたが、ワイパー無しで雨がどんどん流れていきました。

 

 

ガラス撥水コート360 / ワイパーブレード

● アーカイブ

  • 牧港本店 外観
  • ザップス 牧港本店
  • 北那覇店 外観
  • ザップス 北那覇店
アーカイブ
facebook
instagram
twitter
youtube

ページの先頭へ