MENU

カテゴリー別アーカイブ: コーティング

タッチペン

こんにちは、北那覇店のアラカキです(^O^)

今回メンテナンスコーティングで入庫したN-VANで、作業中にルーフに塗装の剥がれを発見しお客様に報告したら気づいていなかったようでビックリされていました。

恐らく原因は鳥のフンなどが付着して気づかずに時間が経ってしまい塗装にダメージを与えて剥がれてしまったものだと思います(>_<)

修理するとなるとルーフ1枚塗りになるのでザップスで最大割引しても4万円以上かかってしまいます。

お客様も予算の都合ですぐには直せないが、そのままだとサビが出ないか心配との事でしたので応急処置でタッチペンで対応する事になりました。

ボディーカラーも珍しい色で、余っている塗料で近い色がなかったので、ディーラーの方でタッチペンを購入して持ち込み頂き施工しました。

施工後の写真がこちら⬇︎

範囲が広いので塗りムラが少し目立ちますが、屋根なので脚立などに登らないと見えないのと、パッと見ではわからなくなったのでお客様も一安心されていました。

みなさんも定期的に車の状態を確認されてみて下さいね!

付着物も早めに気づいて対処する事で塗装面を傷めずに済みますので!

そして、コーティングをする事で付着物や汚れが付きにくく落ちやすくなるのでオススメです(^O^)

気になる方は見積り、相談は無料ですので気軽にご相談下さい(^ ^)

ホイールコーティング

こんにちは牧港店フルゲンです(^.^)

新車時よりお手入れがやりづらくなったとホイールコーティングのご依頼です

まだまだキレイですが入念に洗浄し乾燥後ホイール専用のコート材を塗布します。

乾燥後の撥水状態がこちら↓

見積もり無料気軽にご相談ください(^-^)

ガラス撥水 クリーニングXG

こんにちは牧港店フルゲンです

今回はメンテナンスコーティングとセットでガラス撥水のご依頼です

施工前がこちら

養生、付着物を除去、研磨します

洗浄、脱脂、クリーンXGを塗布

撥水の状態がこちらです

メンテナンスとセットの施工で50%off¥2500です、単品でのご依頼も承っております。  気軽にご相談ください^_^

車の樹脂パーツが白色になる原因

新車の頃は ツヤもあり黒々としていますが、徐々に年数が経つと樹脂パーツが白色に変色してしまう。

原因としては、太陽の紫外線や熱が、素材の分子結合を破壊していく為 クラック生じ白化の原因となっております。

主に紫外線、熱が一番当たりやすいワイパーカウルやミラー部分が劣化が早い感じがしますね!

最近ではタイヤ周りのフェンダーアーチにも多く使用されています。

自動車用プラスチック材料には何種類か別れておりワイパーカウル、パンパ―、グリル等にはポリプロピレン(PP)が使用されています。

室内ではまた違った素材が使用されております。

経年劣化が起こる前に、コーティングを施工してあげれば長い間白化を抑えてくれます。

また、白化してしまいあきらめてしまっている樹脂パーツでも復活させることもできますので、お気軽にご連絡お待ちしております。

樹脂モールコーティング

こんにちは北那覇店、上原です。

本日、樹脂モールコーティングでご入庫していただいた車両ですが半分施工したので比較画像をアップします。

左側の未施工部分は少し劣化が進んで白くなっていますが右側の施工部分は黒さを取り戻すことができました。

樹脂パーツのコーティングは劣化が進み過ぎてしまいますと施工が難しい場合もありますので状態確認をさせていただく事をお勧め致します。

細かいキズ

こんにちは北那覇店、上原です。

本日、新規コーティングでご入庫していただいた車輌ですがボディー全体に細かいキズがありましたので研磨するとどのくらい変化があるのか比較する為にバックドアを半分施工しました。

右側研磨中でコンパウンドで白くなってます。

コンパウンドを除去

手前左側は細かいキズで表面がくもっているのに対して右側は光沢があります。あとは全体を研磨しコーティング剤を塗り込み仕上げました。

黒などの濃色車は特に変化が感じられますので作業者も磨き甲斐があります。

お車のお手入れでお困りならザップスにご相談下さい!

水シミ除去

みなさんこんにちは。

北那覇店の石川です^ ^

今回は水シミ除去について

ご紹介したいと思います♫

まずは施工前の画像をご覧ください!

長年蓄積された汚れで

ボディーは全体的に水シミが付着しています。

磨きで出来る限り現状を取り戻して

光沢を上げて行きます。

施工後の画像がこちら

気になった方はお気軽に

お問い合わせください!

見積もり相談は無料です♫

ホイールコーティング

こんにちは、ザップス牧港店の仲宗根です。

今回、持ち込みで新品のホイールコーティングを施工したいとご相談がありました。預かりが可能でしたので予約を承りました。

ホイールが脱着された状態での施工なので、裏側と表側も吹き付けしていきます。

施工後

これから、新品ホイールをご購入される方にオススメの商品です。詳しくは、スタッフにご相談下さい。

メッキのシミ除去

こんにちは北那覇店、上原です。

ボディーの外装でメッキパーツは水シミが目立ちやすい部分ですが汚れ落としクリーナーを使用しますと簡単に除去することができます。

パーツ自体が劣化していたりしていますと除去が難しい場合もありますがほとんどの場合キレイにする事が出来ます。

普段のお手入れでもご使用したいけど使い方がよく分からないのでありましたらお気軽にご相談下さい。

車に付着している鉄粉

こんにちは

よく見ないと気づかないかと思いますが、ボンネットをよく見ると茶色や黒っぽく小さな点々があると思います。

これでは分かりずらいと思いますので、顕微鏡で見ていきたいと思います。

2つに分けて撮影 これでもまだ軽度の鉄粉です。

ひどいものに関してはサビかと思うくらい大きく突き刺さっていることもあります。

そのまま放置しすぎると酸化で錆が増殖し塗装面の中まで浸食していく為手に負えなくなってしまいます。

 

鉄粉はどこから飛んでくるのでしょうか?

主にブレーキバットのダストが宙に舞いボディに付着。どんどん酸化はじめ錆が大きくなり鉄粉として見えてきます。

ブレーキパッドの交換時期はいつ?目安や費用などまるわかりガイド| カー用品のジェームス

他にも錆びた柵や鋼鉄の近くに駐車すると付着しやすいので注意が必要です。

鉄骨メッキフェンスの耐久性は太陽光発電所に適しています | Fieldsaver.com

かと言って車は移動手段の必要不可欠! いろんな場所に行くので防ぎようがなく鉄粉が付着してしまいます。

では、どうしたら良いのか?

すぐに実行できるのが、洗車です。酸化する前に洗車で洗い流せばほとんどが除去できます。

すでに酸化が始まってしまっていたら、洗車では落としきれませんので注意が必要です。

 

そういった場合 専用液剤や粘土といった道具が必要。 液剤では使用方法を間違うとシミになる可能性や

粘土を通したとしても、擦り方にもよるが粘土キズが入ることも!

ただ時間とリスクが高いと中々実行できない場合 コーティングをお勧め致します。

鉄粉の付着率も低くお手入れも楽だからです。

トップコートの犠牲膜やその下にはベースコート施工され塗装面を保護してくれます。

お見積りは無料ですのでお気軽にお問い合わせください。      赤嶺

● アーカイブ

  • 牧港本店 外観
  • ザップス 牧港本店
  • 北那覇店 外観
  • ザップス 北那覇店
アーカイブ
facebook
instagram
twitter
youtube

ページの先頭へ