MENU

タグ別アーカイブ: ドライブレコーダー

コレはお得!スマホでドライブレコーダーが使える!

SafetySight

4月も目前に迫り、新生活の準備にも忙しい時期になりました。
また、新たに車の購入などをされるかた、初めて免許を取って車通勤を始める方なども多いのではないでしょうか?

最近では車のフロントに【ドライブレコーダー】を設置されている方も多くなってきましたね。
価格的にも、高い性能をそなえ高画質で録画する高いものから、簡易的な機能のみで安いものまで様々ですが、なによりも購入してから、実際に車へ装備する手間や、電源用のコードを伸ばしたりと少々面倒。

そんな皆様に今回便利でオトクな

スマートフォンをドライブレコーダーにするアプリ

をご紹介します!

これだけ高機能でしかも無料!

今回紹介するアプリのサイトはこちらです。
安全運転サポートアプリ Safety Sight | 損保ジャパン日本興亜

そう、このアプリは【損保ジャパン興亜損保】から出ているもので、無料で使用できるだけでなく、保険に加入していなくても使用できます!
※もちろん損保ジャパンの保険に加入していると更に便利です。

上記サイトをご覧頂ければその機能性の豊富さにビックリするのではないでしょうか?
iPhone用のアプリ・Android用のアプリも両方ありますので、ぜひお試し下さい。

利用するにあたっての注意点!

こちらのアプリですが、あくまでもスマホに内蔵された機能を活用したドライブレコーダーとなっているため、本格的な運用をしたいと考えている方は、ドライブレコーダー専用機器を購入されることをオススメします。
「ドライブレコーダーってどうなんだろう?ちょっと試してみたいなぁ?」という方に、ドライブレコーダーを購入検討する際には良いかもしれません。

アプリをダウロードして、起動するとまず以下の様な注意点の説明画面が出てきます。
こちらはしっかりと目を通しておいて下さい。

Screenshot_2016-03-12-17-31-38
Screenshot_2016-03-12-17-31-47
Screenshot_2016-03-12-17-31-56

注意点の後に、準備・設置と説明が続きますが、設置の際にスマホホルダーによっては、少々角度調整が難しい事があります。

Screenshot_2016-03-12-17-49-12

その際にはしたの画像の様な、ジョイントボール式のスマホホルダーがおすすめです。

71kjo-l4cFL._SL1500_

Amazonなどでもたくさん種類があるので参考までに

過大な過信は禁物

ドライブレコーダー機能も、その他の安全機能も反応はしますが、あまり過信しすぎず、日頃から安全運転を心掛けることがいちばんですね。」

いざという時に便利「ドライブレコーダー」の種類

6496871473_b6eba2ee1d_b

沖縄のお盆も終わり、8月ももう少しですね。
学生の頃は、この時期「夏休みの宿題」をいかに早く終わらせるかでいつもなやんでおりましたw
さて、今回は最近よくお客様のお車にも取り付けられている「ドライブレコーダー」について少し書いてみます。

ドライブレコーダーとは、海外ではイベントデータレコーダーとよばれているそうで、Wikipediaには

イベントデータレコーダー(Event Data Recorder、EDR)は、エアバッグ等が作動するような交通事故において事故前後の車両の情報を記録するために自動車内に設置される装置である。
なお映像記録なども行う装置(日本ではドライブレコーダーと呼ばれる)はこれに近い性格を持っているので本稿で合わせて述べる。

※Wikipediaより

と書かれておりました。

で、Amazonにて金額がどれくらいなのか?と調べてみるとこれがかなりの種類があることに驚きます。
そこで今回は、ドライブレコーダーの種類と特徴などをまとめてみました。

どんな時に役立つのか

交通事故などが起きてしまったり、いつの間にか車に傷が入っていたりする当て逃げにあったりなどのさいに、警察などへ連絡しますが、その際の「証拠」などに有効になります。
もちろん、事故や当て逃げ等はない方が一番いいのですが、もしそんな時に便利なのがドライブレコーダーです。

また、景色のいい道路などをドライブしている際の風景などを録画しておいたりなど、思い出として残す事にも使用できますので、いろいろと便利なんです。

どんな種類があるのか?

ドライブレコーダーといっても実は種類が沢山あって、おおまかにわけると。

  • 常時録画するタイプ
  • 衝撃を感知して録画するタイプ
  • 多機能なタイプ

の3タイプです。

常時録画するタイプ

これは常に録画を続けるタイプのもので、それなりにメモリーの容量が必要になります。
なかには、一定時間録画すると、そのまま上書きで録画をするものも有ります。
常に録画を行うので、必要のない時でも録画をし続けていますが、いつ何時何が起こるかわからないので必要かもしれませんね。

Amazonより常時録画するものの一例

衝撃感知録画るタイプ

基本的には録画のスイッチは入っていいないけど、なにか衝撃があると、録画が開始されるものです。
こちらは無駄な録画がなく、あまり多くのメモリーが必要としません。
基本的には、衝撃が起こった場合には、衝撃から数分前からさかのぼって録画をしてくれるものも有ります。

Amazonより常時録画するものの一例

多機能タイプ

こちらは、ドライブレコーダーだけはなく、その他にカーナビ、レーダー探知機などの機能があり、1台で何役もこなせるタイプです。
沢山の機器を車内のインパネル周りに取り付けてしまい、ゴチャっとしているのが苦手な方にはこれ一台でもいいかもしれませんね。

Amazonより常時録画するものの一例

番外編

また、その他にもカメラとレコーダーが別になっている【分離タイプ】のものや、動くものを感知して録画を開始するものもあったりします。

分離タイプの例

動的感知タイプの例

ドライビングスタイルと、車に合わせて

これだけの種類に値段もピンきりなので、本当に購入を検討する際には迷うこともあるかと思われます。
ドライブレコーダーを選ぶ際には、普段、行くところや、車を止めている駐車場など、環境にも対応したものを選ばないといけないですね。

ちなみに、ザップスではドライブレコーダーの販売・取り付けなどは行っておりませんのでご了承ください。
沖縄県内であれば、オートバックスさんや、パソコンショップのグッドウィルさんなどにもおいてありますよ。

  • 牧港本店 外観
  • ザップス 牧港本店
  • 北那覇店 外観
  • ザップス 北那覇店
アーカイブ

ページの先頭へ