会社情報

会社の社名と社章の由来

「ジーバート防錆事業および車の外装に関わるプラスサービス」

 当社のトレードマークおよび社名の由来については代表者 稲福 剛が、(株)日本ジーバート在職中に研修生として昭和63年にフランチャイズ本部であるジーバートインターナショナル(米国ミシガン州)へ長期派遣された1年間の経験がその原点となります。

 当時の北米での自動車不況とGM、フォードをはじめとするほとんどの自動車メーカーで車体防錆保証が永久となり、自動車の防錆事業で売上の80%以上を依存していた当時のジーバート本部での危機的状況がZAPSプロジェクトを生み出したのです。

 防錆依存の経営から防錆以外のボディコーティングやカーフィルム、車内クリーニング、タッチアップペイント等、新しいサービスを次々とシステム化していき、今で言うカーディテーリング事業の先駆けとなったプロジェクト名からザップスの社名が生まれ、そこに稲福の信仰の証である十字架とすべてのことを前向きにプラス思考に、そして車の総合美容外科(TOTAL CAR BEAUTY CLINIC SYSTEM)という意味を込めてデザインが施され、この沖縄からザップスは誕生しました。

会社概要

所在地 沖縄県浦添市牧港4丁目5番7号
商号 株式会社  ザップス
代表者 代表取締役  稲福 剛
決算 年1回(3月)
年商 250,195,000円(平成25年3月)
営業種目 車のディテーリング処理・板金塗装
建物用フィルムの施工・塗料・副資材のサプライ
従業員数 33名(平成25年3月)
取引銀行 沖縄銀行牧港支店・琉球銀行牧港支店・沖縄復興開発金融公庫
主要取引先 琉球日産自動車(株)  、琉球ダイハツ販売(株)  、 沖縄ホンダ(株)  、 新沖縄スバル(株)
(株)スズキ自販沖縄  、 ネッツトヨタ沖縄(株)  、 モトレーン沖縄(株)
(有)丸貴  、(株)ヤナセ沖縄 、 (株)オートプラザ琉石  、 (株)りゅうせきエネルギー
 (株)伊禮産業、 生活共同組合コープおきなわ  、 一般ユーザー

会社沿革

昭和43年3月
・ケイ・エム・アンダーコートを那覇市久茂地2丁目8番6号に設立
昭和50年3月15日
・商号をケイ・エム・ジーバートに変更
 本社を那覇市首里末吉2丁目245番地に移転
昭和58年3月1日
・有限会社ケイ・エム・ジーバートに法人化
昭和59年5月
・本社を浦添市牧港4丁目5番7号に移転
平成5年1月
・有限会社ケイ・エム・ジーバートの
 ディテーリング部門より分離独立。
 ザップス・クリーンベース(個人会社)設立
平成7年7月
・有限会社ザップスとして法人化(資本金300万)
平成11年1月
・鈑金塗装館を牧港本店内に新設
平成12年1月
・浦添市勢理客4丁目21番1号に北那覇店を開店
平成14年8月
・(株)りゅうせきエネルギーと鈑金塗装業務、
  カーディテーリング業務提携
平成16年10月
・(株)エスアールエスと業務提携契約を締結
  本格的にクイックリペアビジネスに進出。
  北那覇店にクイックリペア館を開店
平成16年11月
・生活共同組合コープおきなわと業務提携
平成17年8月
・EM研究機構と技術提携契約
平成18年8月
・商号を株式会社ザップスへ変更
平成21年8月
・資本金を1000万円に増資
平成23年4月
・北那覇店にハイテクセンター、建物用フィルム館を増設
平成25年3月
・牧港本店にディテーリングブースを増設

トップページサービスメニューザップス新聞お客様の声ザップスポリシー会社情報お問い合わせ
コーティング比較10年輝きを保証する「5つのこだわり」EM石けんザップスカーケア商品チラシ採用情報リンク
ザップスのサービスは、日産、トヨタ、マツダ、三菱、ホンダ、ダイハツ、スバル、スズキ、イスズ、日野、BMW、ミニ、ベンツ、ポルシェ、フォルクスワーゲン、アウディ、フォード、クライスラー、シボレー、キャデラック、ダッチ、フェラーリ、マセラティ、ランボルギーニ、フィアット、アルファロメオ、プジョー、ベントレー、ローバー、ジャガー、ロールスロイス、ルノー、オペル、シトロエン、ボルボ、ヒュンダイなどの世界の自動車にカーコーディング、カーフィルム、キズ・ヘコミ修理が対応しています。
沖縄県内の那覇市、豊見城市、南城市、糸満市、浦添市、宜野湾市、沖縄市、うるま市、名護市などでカーコーディング、カーフィルム、キズ・ヘコミ修理、建物用フィルムのサービスを展開中です。